Alloy Wire JP

日本の連絡先

Care of Tomoe Engineering Co., Ltd.
Osaki Bright Core
5-15, Kitashinagawa 5-chome,
Shinagawa-ku, Tokyo 141-0001

電話番号: 0081-3-3442-5142
メールアドレス: o-koiwai@alloywire.com

品質 & 検査

品質 & 検査

アロイ・ワイヤー・インターナショナルでは、1991年以来ISO 9001の品質認可を維持し、2013年4月に航空宇宙対象の品質認可AS9100に認定されました。これらの認可は、弊社の製造・加工手法が業界最高水準で規定されていることを認めるものです。

弊社の大手顧客認可には、以下のような企業が含まれています:

  • BAE Systems

品質方針AS9100およびISO9001認定.

アロイ・ワイヤー・インターナショナル・リミテッドが使用するすべての素材は配達時に完全証明済みであり、主溶融の行われた場所まで追的可能です。

環境

アロイ・ワイヤー・インターナショナル・リミテッドは、環境改善・保全を重視しており、2015年にISO14001の認可を受けました。このことは、お客様のみでなく弊社の従業員全員に対して、弊社の倫理的責任を超えて環境に取り組むというコミットメントを実証しています。

アロイ・ワイヤー・インターナショナル・リミテッドでは、危険物・有害物の供給に極めて真摯に取り組み、以下の順守を特に重視しています。

  • REACH (化学物質の登録、評価、認可と制限)
  • RoHS (電気電子機器に含まれる特定有害物質の使用制限)
  • ドッド-フランク法 セクション1502

REACHおよびRoHSの申告および紛争鉱物についての声明
環境方針およびISO14001認定

安全衛生

アロイ・ワイヤー・インターナショナル・リミテッドでは、安全衛生パフォーマンスの継続した改善を重視しており、安全衛生関係の法律を順守するために十分な資金・資源を割り当てています。弊社は2015年にBS OHSAS 18001の認可を受け、全従業員および訪問者の心身の健康と安全に対する法律上・倫理上の義務を超える取り組みを重視していることを実証しています。

安全衛生方針およびBS OHSAS 18001認定

検査

アロイ・ワイヤー・インターナショナル・リミテッドでは、各種化学分析および要請によっては機械的検査の結果を記載した証明書をすべての出荷品に添付しています。

すべての入荷素材では、処理を開始する前に目視検査とPMI (金属部品や溶接部に指定通りの材料が使用されているかどうかを確認する試験) を実施し、生産材料は処理の各段階にチェックしています。受注品はすべてお客様の仕様を守って生産し、一部の場合は量産に入る前に検査用にサンプルバッチを加工することもあります。

すべての完成品で行われる最終検査には以下の項目が含まれています。

• 目視検査
• 寸法チェック
• PMI (金属部品や溶接部に指定通りの材料が使用されているかどうかを確認する試験)
• 機械的検査

さらに、最大400倍で視覚検査を行い、デジタル画像や写真を準備できるコンピュータソフトウェアにリンクできる検査設備も備えています。素材断面の準備と検査を行う装置もあります。包含物や継ぎ目などの問題がないかどうか確認する為に便利です。

機械的結果は、社内の最新の検査装置とコンピュータを使用して行い、検査方法の効率と精度を高めています。

Zwick Testing Machine

社内の検査装置を使用して、以下の機械的検査を実施できます。

  • 伸張強度試験
  • 耐力試験
  • 延伸
  • 破断荷重
  • 高度試験*
  • 巻き付け試験
  • 折り曲げ試験
  • ねじり試験
  • 熱処理後試験
  • PMI (金属部品や溶接部に指定通りの材料が使用されているかどうかを確認する試験)

*すべての硬度はVickersで試験し、ASTM E140-65の換算表を使用して換算しています

さらに、サプライチェーン内でお客様から要請がある場合は、UKAS認可承認のある第三者社外検査も手配できます。

Alloy Wire
詳細情報につきましては弊社までご連絡ください

Call Alloy Wire

0081-3-3442-5142