Alloy Wire JP

日本の連絡先

Care of Tomoe Engineering Co., Ltd.
Osaki Bright Core
5-15, Kitashinagawa 5-chome,
Shinagawa-ku, Tokyo 141-0001

電話番号: 0081-3-3442-5142
メールアドレス: o-koiwai@alloywire.com

Nickel® 201
Nickel alloy products page

製品

Request a Quote

見積もりを申し込み

Download TDS

技術データシート

プロフィール・オプション

Nickel® 201

どの「プロファイルオプション」でもご提供できます

ニッケル201は工業用純ニッケル (一般的にニッケル99.6%) であり、基本的にはニッケル200と同一ですが、炭素含有量が少ないため、315°C (600°F) を超えた温度で粒子間炭素による脆化を予防します。炭素含有量が低いため、硬度も下がります。

化学組成 仕様 指定 主な特長 標準的用途
素子 最小% 最大%
Ni 99.0
Cu 0.25
Fe 0.40
C 0.02
Si 0.35
Mn 0.35
Mg 0.20
Ti 0.10
S 0.01
Co 2.00
ASTM B160
ASTM B162
BS 3076 NA12
W.NR 2.4061
W.NR 2.4068
UNS N02201
AWS 071
ニッケル200の低炭素版。
315 °C (600 °F) を超える温度に曝露される用途では、ニッケル200よりも適しています。
多様な還元物質や苛性アルカリに対する耐性。
磁歪特性が良好。
高い電気伝導性、熱伝導性。
高延性、低加工硬化率。
溶接性、はんだ付け性良好。
電子製品用部品。
電気製品用部品。
加熱エレメント用のリードワイヤー。
電池の接続/端末。
化学処理。
航空・宇宙産業用部品。
食品加工。
人工繊維加工。
密度 8.89 g/cm³ 0.321 lb/in³
融点 1446°C 2635°F
膨張係数 13.1 μm/m °C (20 – 100°C) 7.3 x 10-6 in/in °F (70 – 212°F)
剛性率 82 kN/mm² 11893 ksi
弾性率 207 kN/mm² 30000 ksi
電気抵抗
8.5 μΩ • cm 51 ohm • circ mil/ft
熱伝導性
79.3 W/m • °C 550 btu • in/ft2 • h • °F
性質
状態 伸張強度 (近似値) 動作温度 (近似値)
N/mm² ksi
焼きなまし 400 – 500 58 – 73 以下の温度を超えると、伸張強度と延伸が大幅に下がります315°C (600°F).使用可能温度は、環境、負荷、サイズの範囲によって変化します。
硬引き 700 – 900 102 – 131

上記の伸張強度範囲は典型値です。異なったものをご希望の場合はお尋ねください。

*Special Metals Group of Companiesの商号

Alloy Wire
詳細情報につきましては弊社までご連絡ください

Call Alloy Wire

0081-3-3442-5142