Alloy Wire JP

日本の連絡先

Care of Tomoe Engineering Co., Ltd.
Osaki Bright Core
5-15, Kitashinagawa 5-chome,
Shinagawa-ku, Tokyo 141-0001

電話番号: 0081-3-3442-5142
メールアドレス: o-koiwai@alloywire.com

Rene 41∞
Nickel alloy products page

製品

Request a Quote

見積もりを申し込み

Download TDS

技術データシート

プロフィール・オプション

Rene 41∞

どの「プロファイルオプション」でもご提供できます

レネー41は、特に650~980°C (1200~1800°F) の範囲の高温で極めて強度の高い時効硬化が可能なニッケルベースの合金です。冷間加工や熱処理の組み合わせにより、必要な機械的特性のご要望に応じられます。レネー41は、抗酸化性にも優れています。

化学組成 仕様 指定 主な特長 標準的用途
素子 最小% 最大%
C 0.12
Mn 0.10
Si 0.50
S 0.015
Cr 18.00 20.00
Co 10.00 12.00
Mo 9.00 10.50
Ti 3.00 3.30
Al 1.40 1.60
B 0.003 0.01
Fe 5.00
Ni bal
AMS 5545
AMS 5713
AMS 5800
AMS 5712
GE C50T71
W.Nr 2.4973
UNS N07041
AWS 120
高温で極めて高強度
抗酸化性良好
時効硬化性
高温の動的用途
アフターバーナー用部品
タービンキャスティング
ボルト
その他の留め具
密度 8.25 g/cm³ 0.298 lb/in³
融点 1345°C 2450°F
膨張係数 13.6 μm/m °C (20 – 100°C) 7.41 x 10-6 in/in °F (70 – 212°F)
剛性率 83.2 kN/mm² 12067 ksi
弾性率 218.0 kN/mm² 31619 ksi
仕上がったパーツの熱処理
アロイ・ワイヤーからの供給時の状態 タイプ 温度 時間 (時間数) 冷却
°C °F
焼きなまし 時効硬化性 760 1400 16 空気
スプリングテンパー 溶液焼きなまし
時効硬化
1065
760
1950
1400
4
16
空気
空気
スプリングテンパー 時効硬化 760 1400 16 空気
性質
状態 伸張強度 (近似値) 動作温度 (近似値)
N/mm² ksi °C °F
焼きなまし 800 – 1100 116 – 159
焼きなまし + 時効処理 1350 – 1550 196 – 225 〜まで +550 〜まで +1020
スプリングテンパー 1400 – 1800 203 – 261
スプリングテンパー + 焼きなまし + 時効処理 1350 – 1550 196 – 225 〜まで +550 〜まで +1020
スプリングテンパー + 時効処理 1600 – 2000 232 – 290 〜まで +550 〜まで +1020

上記の伸張強度範囲は典型値です。異なったものをご希望の場合はお尋ねください。

* General Electric Inc.の商号

動的用途 = 可動 / 活性 / 可変

Alloy Wire
詳細情報につきましては弊社までご連絡ください

Call Alloy Wire

0081-3-3442-5142